薔薇の花びらの上で イヴ&ローク 13

著者

J.D.ロブ

訳者

小林浩子

book_infomation

ネットでの出会いが招く誘惑と殺意の一夜…

深夜のニューヨークで、若い女性が自分の住む高層マンションから落下した。調べによると、死因は違法ドラッグの過剰摂取。つまり、落下前に死亡していたことになる。誰かが彼女を落下させたのだ。彼女の部屋には、キャンドルの灯るテーブルでワインを飲んだ形跡があり、ベッドにはピンクの薔薇の花びらが敷きつめられていた。
やがて、似通った事件が発生した。共通点はキャンドル、ワイン、薔薇、そしてドラッグ。しかも、捜査に乗りだしたイヴとロークを嘲笑うかのように、犯人たちはさらなる戦慄のゲームを仕掛けていく!

ジャンル ロマンス、文庫
定価(税込) 935円
発売日 2006/10/20
判型 文庫
ページ数 536ページ
ISBN 978-4-86332-843-3

  • 書籍詳細:薔薇の花びらの上で イヴ&ローク 13