白い虎の月 タイガーズ・カース・シリーズ#1

著者

コリーン・ハウック

訳者

松山美保

book_infomation

話題騒然のラブ・ファンタジー

大学進学を控えた夏休み。ケルシーは崖っぷちにいた。両親を亡くし、親戚の世話になってきたけれど、これからはひとりで生きていかなくてはならない。彼女は学費を稼ぐため、近所で開催されるサーカスでアルバイトを始めた。そこで青い瞳のホワイトタイガー、ディレン(レン)に出会い、心を奪われる。優雅な雰囲気の奥にどこか哀愁を感じたケルシーは、あいた時間をみつけてはレンの檻に通い続けるうちに、レンとの時間が唯一の癒しになっていく。だがある日、不思議な老紳士が現れ、レンを買い取ってインドの保護区に連れ帰るという。レンと離れがたいケルシーは、言われるままレンの移送に付き添うことを決意した。ところがインドにたどりついたある晩、ケルシーの前に謎の美青年が現れる。それは、長い時を超えた壮大な冒険のはじまりだった――

ジャンル ロマンス、一般書
定価 本体1,900円+税
発売日 2013/06/20
判型 四六版
ページ数 584ページ
ISBN 978-4-86491-068-2

  • 書籍詳細:白い虎の月 タイガーズ・カース・シリーズ#1