報いのときは、はかなく イヴ&ローク19

著者

J.D.ロブ

訳者

香野純

book_infomation

不倫がらみの殺人と思われた事件の背後には、意外な密謀が!

不倫の関係をつづけていた男女が惨殺された。容疑者と目されたのは、殺された男の妻だった女性ルヴァ。彼女はロークの業務管理役カーロの娘で、自身もロークのもとで働いていた。彼女の無実を信じるロークは、捜査に乗りだしたイヴに協力し、コンピューターを使って独自の調査を開始。そして被害者たちがHSOという対テロ組織の仕事をしていたことを突き止める。だが、同時に知ってしまったのは、HSOとイヴの幼年時代にかかわるあまりにも残酷な事実だった。驚愕したロークはある決断を下すが、それが原因でイヴとのあいだに深い溝が……。

ジャンル ロマンス、文庫
定価(税込) 946円
発売日 2008/11/20
判型 文庫
ページ数 592ページ
ISBN 978-4-86332-098-7

  • 書籍詳細:報いのときは、はかなく イヴ&ローク19