ラストシーンは殺意とともに イヴ&ローク10

著者

J.D.ロブ

訳者

小林浩子

book_infomation

数千人の目撃者の前でおこなわれた完全犯罪!

イヴとロークは、ロークが所有する劇場のこけらおとしに来ていた。上演されるのはアガサ・クリスティ原作の有名な戯曲で、その作品のクライマックスは、妻が自分を裏切った夫を刺し殺す場面だった。だが、妻役の女優の手で心臓にナイフを突き立てられた俳優ドラコは、本当に帰らぬ人となった。何者かが無害な小道具を本物のナイフにすり替えていたのだ。直ちに捜査に乗りだしたイヴは、ドラコを憎んでいた人物が演劇界に大勢いることを突き止めるが……。
大人気のロマンティック・サスペンス・シリーズ、待望の第10弾登場!

ジャンル ロマンス、一般書
定価 本体840円+税
発売日 2005/11/19
判型 文庫
ページ数 512ページ
ISBN 978-4-86332-796-2

  • 書籍詳細:ラストシーンは殺意とともに イヴ&ローク10