ユダの銀貨が輝く夜 イヴ&ローク11

著者

J.D.ロブ

訳者

青木悦子

book_infomation

連続する警官殺しの背後には? 春のNYに憤怒と愛が交錯する!

早春のニューヨークで、警官が無残にも撲殺された。犯行現場はロークが所有するクラブで、状況からすると、犯人と被害者は顔見知りのようだった。動機は怨恨か?
捜査を担当するイヴは、被害者が大物ドラッグディーラーのマックス・リッカーの逮捕に関与していたことを知る。が、なぜか市警の内務監察部に、捜査を速やかに終結させるよう忠告された。しかも、リッカーは過去にロークと因縁のあった人物だった。リッカーの危険な本性を知るがゆえにイヴの身を案じるロークと、捜査に挺身するイヴは、やがて激しく衝突してしまう。そんな折、またも警官が殺された!

ジャンル ロマンス、文庫
定価(税込) 935円
発売日 2006/01/20
判型 文庫
ページ数 552ページ
ISBN 978-4-86332-803-7

  • 書籍詳細:ユダの銀貨が輝く夜 イヴ&ローク11