ヘルボーイ:妖蛆召喚

著者

マイク・ミニョーラ

訳者

堺三保

レーベル

DARK HORSE

book_infomation

ヘルボーイ第一期シリーズ最終巻

1944年12月23日、スコットランド沿岸の小さな島で、怪しげな儀式が執り行われた。

戦況逆転を狙うナチスドイツの「ラグナロク計画」である。

得体の知れぬ怪僧ラスプーチンを頼ってまで実行された計画の目的は、世界を混沌へと追いやる龍神オグドル・ヤハドを解き放つ力を地獄より召喚する事だった。

果たして計画は成功した。

島を遠く離れたイングランド中部のイースト・ブロムウィッチに一匹の悪魔が姿を現したのだ。

計画を察知していた連合軍特殊部隊は、逸早くその幼い悪魔を保護し、こう名付けた。

「ヘルボーイ」と……。

『ヘルボーイ:弐 チェインド・コフィン[ 縛られた棺 ]/ 滅びの右手』の続編となる1冊が、待望の復刊!

収録:
HELLBOY: Conqueror Worm

ジャンル アメコミ
定価 本体2,900円+税
発売日 2014/06/30
判型 B5
ページ数 160ページ
ISBN 978-4-86491-148-1

  • 書籍詳細:ヘルボーイ:妖蛆召喚