ニューヨーク十二番地の呪い イヴ&ローク番外編

著者

J.D.ロブ

訳者

青木悦子

book_infomation

いま初めて明かされる イヴとロークの三つの物語!

マンハッタンで一人の男が無惨な射殺体で発見された。犯行現場は東十二丁目十二番地。そこの建物は、音楽プロデューサーだった被害者の祖父がかつて所有していたもので、以前は有名なクラブが入っていたが、いまは荒れ果て、幽霊が出ると噂されている。そしてイヴの調べによれば、被害者は幽霊のような声の女からメッセージを受け取り、現場に呼び出されていた。しかもイヴがその建物で見つけたのは、壁に塗り込められた白骨死体。果たして幽霊の正体とは?
表題作『ニューヨーク十二番地の呪い』をはじめ、本邦初訳の中編三編を収録したファン垂涎の一冊!

ジャンル ロマンス、文庫
定価(税込) 902円
発売日 2010/09/18
判型 文庫
ページ数 456ページ
ISBN 978-4-86332-273-8

  • 書籍詳細:ニューヨーク十二番地の呪い イヴ&ローク番外編