キャロットケーキがだましている

著者

ジョアン・フルーク

訳者

上條ひろみ

レーベル

お菓子探偵ハンナ・シリーズ

book_infomation

お菓子探偵ハンナ・シリーズ最新刊! ケーキを独り占めしようとする人には、死が訪れる?!

相変らずお菓子づくりや人付き合いに忙しいハンナ。今回は共同経営者のリサとその夫ハーブの親戚百人が集まる大パーティのお手伝いもあって、てんてこまい。あんまりかまってやれないせいか、愛猫モシェもまた様子が変だし……。それでも、リサたちにはうれしい驚きがあった。長いあいだ行方不明になっていたガス叔父が、ひょっこり帰ってきたのだ! だが再会を喜ぶまもなく、ハンナはガスの死体を発見する羽目に。事件を解決するのは当然彼女の役目とばかり、人々はハンナの元へ次から次へとやってきて、意外な情報をもたらしてくれるのだけれど――。好評シリーズ、ついに10巻目!

ジャンル 文庫
定価(税込) 946円
発売日 2009/10/20
判型 文庫
ページ数 451ページ
ISBN 978-4-86332-185-4

  • 書籍詳細:キャロットケーキがだましている