3月アメコミ新刊情報!

未分類

2018.04.10

『ウォーキング・デッド8』

[ライター] ロバート・カークマン
[アーティスト] チャーリー・アドラード
[訳者] 風間賢二
[ページ数] 312ページ
[価格] 本体2,750円+税
[レーベル] IMAGE COMICS
⇒Amazonで購入する
⇒書籍詳細ページ

[あらすじ]
ネガンとの死闘から2年。リックたちは平和を謳歌していた。
立派な村となったアレクサンドリアで、作物は豊かに実り、安全な交通が確立され、生活には日常の悩みが戻った。
しかしある日、経路を外れたパトロール隊の2人が、言葉を喋る死者の群れと遭遇する。
「囁く者<ウィスパラーズ>」と呼ばれる彼らの正体とは一体何なのか。
リックの息子、カールにも大きな出会いと決断の時が訪れる。

[見どころ]
・ドラマ版で言うと、2018年3月現在の最新シーズン8の続編にあたる物語。
・ドラマとコミックは展開がやや異なるため、お互いの「IF」ストーリーとして、補完的にも楽しむことができる。

[登場キャラクター]
リック、カール、アンドリア、マギー、ソフィア、ネガン 他

『グリーンランタン:シネストロ・コァ・ウォー Vol.2』

[ライター] ジェフ・ジョーンズ 他
[アーティスト] アイヴァン・レイス 他
[訳者] 石川裕人
[ページ数] 256ページ
[価格] 本体3,800円+税
[レーベル] DC
⇒Amazonで購入する
⇒書籍詳細ページ

[あらすじ]
アンチモニター、スーパーマン・プライム、サイボーグ・スーパーマンら、屈指の強者を擁し、ガーディアンズ・オブ・ユニバース率いるグリーンランタン・コァへの全面戦争を仕掛けたシネストロ・コァ。
追いつめられたガーディアンズは、グリーンランタンに禁じられた手段の解禁を告げる……!
それによって各地で互角以上の戦いを見せるようになったGL達だったが、シネストロの狙いは別のところにあった!

[見どころ]
・二か月連続刊行の完結編。今後のDC全体の流れにも大きく関わるストーリーが展開される。
・前巻に引き続き、『シネストロ・コァ・ウォー』本編に加え、ミニシリーズとして展開した『テールズ・オブ・シネストロ・コァ』シリーズを収録。本編に時系列順に挿入されることで、前後関係等がよりわかりやすい完全版となっている。Vol.2ではスーパーマン・プライム編、イオン編、シネストロ・コァ隊員達のオリジン等を描いた短編を収録。
・日本語版特別編集として巻末にはグリーンランタン・コァ、シネストロ・コァのメンバーを網羅したキャラクター紹介、設定資料やジェフ・ジョーンズら作者インタビューも収録の豪華版!

[登場キャラクター]
ハル・ジョーダン、カイル・レイナ―、ジョン・スチュアート、ガイ・ガードナー、サール・シネストロ、サイボーグ・スーパーマン、スーパーマン・プライム 他

『ファンタスティック・フォー:カミング・オブ・ギャラクタス』


[ライター] スタン・リー 他
[アーティスト] ジャック・カービー 他
[訳者] 石川裕人 他
[ページ数] 256ページ
[価格] 本体3,900円+税
[レーベル] DC
⇒Amazonで購入する
⇒書籍詳細ページ

[あらすじ]
インヒューマンズとの戦いから帰還したファンタスティック・フォーを待ち受けていたのは、空を埋め尽くす無数の岩石だった。
異常事態に対し、再び出撃態勢を取るFFのもとに、観察者ウォッチャーが現れる。
空の異常はウォッチャーが引き起こしたものであり、それは星々を貪り喰らう宇宙魔神ギャラクタスから地球を隠すためだったという。
しかし禁忌を破り地球を守らんとしたウォッチャーの意図よりも先に、ギャラクタスの先触れシルバーサーファーが地球に到着していた。
想像を絶するスケールを持った敵に対し、FFはいかに戦うのか!

[見どころ]
・シングが敵に回る衝撃のフライトフル・フォー編、当時のマーベルヒーローとビランが大集合したリードとスーの結婚式、インヒューマンズ初登場編、そして宇宙魔神ギャラクタス編の計11篇を収録。
・コミックのスケールを遥かに超えたギャラクタスのキャラクター造形、隠れ里に住むインヒューマンズ王家の物語など、スタン・リーが自ら最高峰のシリーズと呼び、現代まで続くマーベルユニバースの基礎のひとつとなった本作は、アメコミファンならば必読。スタン・リーの圧倒的な想像力が、脂の乗ったジャック・カービーの力強く美しい筆致と表現力によって形を得た、黄金コンビの傑作シリーズ。

[登場キャラクター]
・Mr.ファンタスティック、インビジブルガール、ヒューマントーチ、シング、メデューサ、ブラックボルト、マキシマス、シルバーサーファー、ギャラクタス、ウォッチャー 他