2月アメコミ新刊情報!

アメコミ

2018.02.28

『グリーンランタン:シネストロ・コァ・ウォー Vol.1』


[ライター] ジェフ・ジョーンズ 他
[アーティスト] アイヴァン・レイス 他
[訳者] 石川裕人
[ページ数] 272ページ
[価格] 本体3,800円+税
[レーベル] DC
⇒Amazonで購入する
⇒書籍詳細ページ

[あらすじ]
かつて最高のグリーンランタンと謳われながらも、裏切り者の烙印を押されたシネストロが、自らのコァ(軍団)を編成、グリーンランタン・コァに全面戦争を挑む!
光の聖堂を傷つけたイエローリングを確保したカイル・レイナーは、ハル・ジョーダン、ジョン・スチュアート、ガイ・ガードナー達と落ち合うが、突如作動を始めたイエローリングの力によって、反宇宙の惑星クワードへと飛ばされてしまう。そこで待ち構えていたシネストロは、カイルに母親の死の真相を伝え、恐怖の化身パララックスを彼に植え付けようとするのだった……。

[見どころ]
・『インフィニット・クライシス』に続くDC大型クロスオーバー作品ついに邦訳! グリーンランタン・コァの手により収監されたはずのスーパーボーイ・プライムのその後など、『インフィニット~』の実質的な続編としても見逃せない展開が繰り広げられる。
・日本語版特別編集として、『シネストロ・コァ・ウォー』本編に加え、ミニシリーズとして展開した『テールズ・オブ・シネストロ・コァ』4編+短編シリーズを収録。本編に時系列順に挿入されることで、前後関係等がよりわかりやすい完全版となっている(Vol.1ではパララックス編とサイボーグ・スーパーマン編が収録)。

[登場キャラクター]
ハル・ジョーダン、カイル・レイナ―、ジョン・スチュアート、ガイ・ガードナー、サール・シネストロ、サイボーグ・スーパーマン、スーパーマン・プライム 他

『トランスフォーマー:ケイオス・セオリー』


[ライター] マイク・コスタ 他
[アーティスト] グイド・グイディ 他
[訳者] 石川裕人 ローズ・賢
[ページ数] 208ページ
[価格] 本体2,900円+税
[レーベル] IDW
⇒Amazonで購入する
⇒書籍詳細ページ

[あらすじ]
単身ディセプティコン基地に乗り込むも、復活したメガトロンに敗北し、宇宙に放逐されたホットロッド。
マトリクスの力によって回復した彼は、ある惑星に漂着する。そこにはオートボットの仲間たちから死んだものと思われていたウィーリーがサバイバル生活を送っている星だった!

[見どころ]
・ホットロッドがウィーリーと出会う「スペースオペラ」編、オプティマス・プライムとメガトロンの過去と、初邂逅が明かされる「ケイオス・セオリー」編、地球に残ったプラウルがスクラッパー殺害事件の謎に迫る「ポリス・アクション編」の3編を収録。
・ライター陣には新たなにジェームズ・ロバーツが参加。サイバートロン星の過去に迫る「ケイオス・セオリー」編を担当。物語にさらなる奥行を深みを与える。
・日本語版オリジナルカバーは安國一将氏が描き下ろし!

[登場キャラクター]
[登場キャラクター]※順不同 ※日米で名称の異なるキャラクターは()内に和名を表記
●オートボット
ホットロッド(ホットロディマス)、ウィーリー、アイアンハイド、サンストリーカー、オメガ・スプリーム、バンブルビー(バンブル)、ラチェット、シルバーストリーク(ストリーク)、ブロードサイド、ジャズ(マイスター)、クリフジャンパー(クリフ)、ジェットファイヤー(スカイファイヤー)、ウルトラマグナス、ホイルジャック、ビーチコマー、オプティマス・プライム、ドリフト、ブラー、サイドスワイプ、ホイスト、ミラージュ(リジェ)、トレイルブレイカー、レッドアラート(アラート)、プラウル(プロール)、パーセプター、ザロン、ウィンドチャージャー、コスモス(アダムス)、ハッファー(ドラッグ)、ギアーズ、ハウンド、ストリートワイズ、インフェルノ、グルーブ

●ディセプティコン
スウィープス、ガルバトロン、メガトロン、サンダークラッカー、ブレイクダウン(ブレークダウン)、ブロール(ブロウル)

●人間
スパイク・ウィトウィッキー、カイル・ペニントン、ジョー・ヘンダーソン、ベン・シンプソン