10月アメコミ新刊情報!

アメコミ

2017.10.27

『グウェンプール:こっちの世界にオジャマしま~す』


[ライター] クリス・ヘイスティング
[アーティスト] グリヒル 他
[訳者] 御代しおり
[ページ数] 158ページ
[価格] 本体2,400円+税
[レーベル] MARVEL
⇒Amazonで購入する
⇒書籍詳細ページ

[あらすじ]
私立探偵ハワード・ザ・ダックに奇妙な依頼が舞い込んだ。
怪盗ブラックキャットが、自分から盗みを働いた小娘を捜してほしいと言うのだ。
ハワードがいやいやながら捜査に乗り出そうとする間もなく、犯人は突然現れた!
その名はグウェンプール、銃も格闘技もからっきしだが、ヒーローやビランの知識だけは満載!
なぜなら彼女は、「マーベルヒーローたちがコミックとして発売されている世界」から来たニートのオタクだったのだ!
ハワードは無事ブラックキャットの怒りを買わずに事態を切り抜けることができるのか?
そして新米ヒーローとしてデビューしたグウェンプールは一体どんな活躍を見せるのか!?

[見どころ]
・初登場は、『スパイダーグウェン』のグウェン・ステイシーがマーベル各誌の主人公に扮したバリアントカバー企画「グウェン・バリアント」の、デッドプールのミニシリーズの表紙。コスプレから人気に火が付き、ついには単独シリーズの主人公の座をゲット! 稀に見る珍しいコースを辿っての大出世&大人気キャラクター。その変わった経緯に負けず劣らずのぶっ飛んだ性格は必見!
・アーティストはイントロである#0がデビッド・ベイルース、本編はグリヒルが担当。グリヒルによる日本版オリジナルカバーの背景は、すべて作品内に登場したアイテム! どれがどこに登場しているか、チェックしてみよう!

[登場キャラクター]
グウェンプール、ハワード・ザ・ダック、ブラックキャット、モードック、バトロック・ザ・リーパー、ソー(ジェーン・フォスター)

『スター・ウォーズ:ダース・ベイダー シュー=トラン戦役』


[ライター] キーロン・ギレン
[アーティスト] サルバトール・ラロッカ
[訳者] 秋友克也
[ページ数] 120ページ
[価格] 本体2,400円+税
[レーベル] MARVEL
⇒Amazonで購入する
⇒書籍詳細ページ

[あらすじ]
追い求めるルーク・スカイウォーカーとの束の間の邂逅の後、帝都コルサントに戻ったダース・ベイダーは、皇帝の特使としてシュー=トラン王国に派遣される。
貴重なレアメタルの産地であるシュー=トランは、帝国にとっても重要な戦略拠点だったが、そこは鉱物利権を巡って貴族達が権謀算術を繰り広げる陰謀の惑星だった。
自らも政敵サイロとの闘争の渦中にあるベイダーは、如何にしてこの難局を乗り切るのか?

[見どころ]
・ダース・ベイダーを主人公としたシリーズの第三弾。シュー=トラン王国での反乱、帝国内部での政争、そして反乱軍に捕まった自らの右腕であるドクター・アフラの捜索など、いくつものテーマが絡み合う本作。ベイダーはフォースの力による戦いだけでなく、知略での戦いにおいても強さを見せつける!
・000(トリプルゼロ)とBTの極悪拷問ドロイドコンビも大活躍!

[登場キャラクター]
ダース・ベイダー、000、BT 他

『プラネット・ハルク:地の巻』


[ライター] グレッグ・パク
[アーティスト] カルロ・パグラヤン 他
[訳者] 御代しおり
[ページ数] 192ページ
[価格] 本体2,900円+税
[レーベル] MARVEL
⇒Amazonで購入する
⇒書籍詳細ページ

[あらすじ]
いかなる手段を使っても地球上からハルクの脅威を消し去る事はできない。
そう考えたイルミナティは、ハルクを騙して深宇宙へと追放する。
暴力が支配する惑星サカーに流れ着いたハルクは、奴隷にされ、さらには剣闘士に身をやつすが、拳が全てを解決するこの世界で己が本領を発揮する。
同じく怪物と蔑まれる剣闘士仲間たちとウォーバウンドの兄弟の絆を築き、暴虐の皇帝レッドキングに反旗を翻すハルク。
恐れを知らぬその姿にサカーの民衆は、伝説の救世主サカーサンの面影を見る。
奴隷を解放し、弱者に救いの手を差し伸べるハルクは、本当に伝説の救世主なのか。
だが伝説では、サカーサンにはもう一つの顔があった。
世界の破壊者ワールドブレイカーである。
ハルクはそのどちらなのか。
その答えは、レッドキングとの決戦で明らかになる!

[見どころ]
・反乱軍の長として皇帝を倒すためサカーを旅し、その土地土地で民衆を解放するため戦うハルク。強敵を倒して仲間にし、さらなる強大な敵に立ち向かうという熱い展開はまさに王道の面白さ!
・映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』には、本作よりミークとコーグの二人が出演するとの報も。
・本作の続編にあたるのが既刊『ワールド・ウォー・ハルク』。こちらで展開されたイルミナティVSハルクの戦いも、本作を読めば100倍面白くなること請け合い! 『ワールド・ウォー・ハルク』未読の方はぜひこの『地の巻』と一緒に手元に置かれることをお勧めします。

[登場キャラクター]
ハルク、コーグ、ミーク、カイエラ 他