3月の新刊案内&近刊予告

ロマンス

2017.03.31

運命の瞳に焦がれて(2017.03.30発売)

[著者] ジュリー・ガーウッド
[訳者] 細田利江子
[ページ数] 468ページ
[価格] 本体920円+税
⇒Amazonで購入する
⇒書籍詳細ページ

2017年3月の新刊は、“ロマンスの女王”ジュリー・ガーウッド作品『運命の瞳に焦がれて』です。

    見る者をすべて魅了する美貌のイングランド貴族の娘キャロラインは、ある事件をきっかけに父の元を離れ、アメリカ・ボストンで育てられた。それから14年の月日がたち、ロンドンに呼び戻された彼女は、父と再会する道中、スパルタ戦士のような逞しさと色気を兼ね備えるブラッドフォード公爵と出会い恋に落ちる。だがキャロランが命を狙われる事件がつづいて……。

1986年(約30年前!)に刊行されたガーウッドの初期作品のひとつですが、この頃からすでに女王の片鱗を垣間見せる作品となっています。
ヴィレッジブックスからお届けする久々の王道ヒストリカル・ロマンスをどうぞお楽しみに!


◆◆近刊予告

5月にお届けするのは、大人気イヴ&ローク・シリーズの42弾「Devoted in Death(原題)」です。

    オクラホマの田舎町で不運な女と怠惰な男が出会い、運命的な恋に落ちた。
    意気投合したふたりはオクラホマの片田舎を脱けだし、道中で奪おうとした車の持ち主を殺したのを皮切りに、殺人をくりかえしながら夢の都ニューヨークをめざす。
    一方、アイスピックのような凍てつく風が吹き付けるニューヨークでは、南国での熱い休暇を終えたイヴ・ダラス警部補にさっそく事件が待ち受けていた――

今作で2061年(!)という新たな年をスタートさせるイヴですが、新年早々の事件は前作同様、イヴと部下たちとの息の合ったコンビネーションが期待できそうです。また、殺人課のメンバーの以外な一面も見ることができます。
お楽しみに!